2022年10月01日

収穫した早稲田ミョウガを持参して、日本橋「奈美路や」で刻んでもらった。


早稲田ミョウガの生産者、練馬の井之口喜實夫さんから、
電話をもらった。
早稲田ミョウガの出荷が始まったようで、29日に歌舞伎座で行われる
「江戸落語を食べる会」でも使われ、販売もされると
果菜里屋の高橋廣道社長から聞いていた。

28日に、早稲田ミョウガの様子を見に行った。
井之口さんは、農業委員会の会議があるとかで、お会いすることは
できなかったが、後継者の勇喜夫さんが案内してくれた。






1-1.JPG

寒冷紗に覆われた早稲田ミョウガは、例年になく草丈を伸ばしていた。
今年は、猛暑だったり、干ばつもあった、強風の台風にも襲われたが、寒冷紗で守られていた。

上の画像をタップする
勇喜夫さんに聞くと、熱さが良かったのか、ミョウカの子の出が
いいようだと、ミョウガを分けて出ているところを見せてくれた。

井之口さんには、日本橋にできた江戸料理の店に早稲田ミョウガを
持って行きたいので、用意しておいてもらっていた。

COREDO日本橋の「奈美路や」の佐藤達雄事業戦略室長に、
途中で留守電を入れて伺った。






2-1.JPG

先日、冬木先生にお誘い頂いて、「奈美路や」に伺ったが、
江戸東京野菜の流通を担ってくれれている果菜里屋を通して、
使ってくれているので、江戸東京・伝統野菜研究会のメンバーに、
こだわりの「奈美路や」を紹介しようと誘ったが、この時間、
都合の付いたのは亀島由美子さんで、COREDO日本橋で待ち合わせた。

佐藤室長に、早稲田ミョウガを渡しながら、1個刻んでもらえますかとお願いした。

無理かと思ったが、快く受けていただいた

上の画像をタップする
薄く切ってさらして出てきた。
鰹節をかけていただいたが、シンプルな料理が一番旨いが、
包丁の冴えを感じる






3-1.JPG

人形町「玉ひで」の「親子丼」を頼んだ。
玉ひでは、先代の七代目耕路氏がご健在の時にも伺っている。

上の画像をタップする
現在「玉ひで」は、新店舗建設のため、臨時休業中で、料理人から、
割り下、器まで、同店で受け入れているそうで、臨時休業中に、
人形町「玉ひで」の味は、同店しか味わえないという。





4-1.JPG

帰りぎわ、佐藤さんの趣味の一つ、
千社札を亀島さんに解説されていた。

上の画像をタップする
佐藤さんは達雄さんだが、達雄では現代的名前なので、町火消の
鳶頭(かしら)が政五郎、五郎を頂いて、達五郎にしたという。

大川端町、滝夜叉姫とあるが、これについては何だろうか、
今度聞いて見る。

2022年09月30日

滝野川カブの播種を行った、瀧野川八幡宮から、芽が出たと歓びの写真が送られてきた。


瀧野川八幡神社で復活栽培が始まった、滝野川ごぼう(愛称滝ぼうくん)
は、先日の収穫祭において奉納された。

滝野川ゴボウに次いで、滝野川ニンジン(愛称きゃろ美ちゃん)が
播種されて引き続き栽培されていて、収穫祭にお見えになった
方々も、生育の様子をご覧になっていた。





1-1-5.JPG

滝野川ゴボウの塩ビ管を抜いた後は、滝野川カブを栽培するので、
短い塩ビ管を設置していて、そこに、収穫祭に見えた責任役員や
花川北区長などが、3粒ずつ蒔いている。

上の画像をタップする
29日の朝、芽が出ていたと藤川宮司が写真を送って頂いた。






2-1.JPG

神楽殿前に滝野川ゴボウの鉢植えを設置したが、このゴボウは来年
花が咲き、タネを採る目的で設置したものだが、葉を伸ばし始めた。

上の画像をタップする
4月28日に子ども達が種まきをした滝野川コボウは、
10月24日(月)に、収穫を行うと聞いている。


これからは、滝野川ニンジンと、滝野川カブの生育を紹介していく。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2022年09月29日

昭島市立拝島第二小学校の、3年生の主任教諭から「昭島市の農業について」の出前授業を依頼された。


昭島市立拝島第二小学校の、3年生の主任教諭・佐伯瞳先生から
メールをもらった。
今年度も、3年生を対象に「昭島市の農業について」のお話をして
頂きたく連絡させていただきました。とあった。

同校に中神小学校の杉本副校長がにいらした時に、
2011年から3年生に昭島市の農業について

出前授業を実施していたが、2019年を最後に、杉本先生が、
副校長として中神小に移られてからは、依頼もなかったので
行っていなかった。

佐伯先生は今年度、3年の主任教諭になられたことから、
メールを頂いたもの。





1-1.JPG

先生の考え方も知りたかったので、早速、同校に伺い、
佐伯教諭をはじめ3年担任の先生方にもお会いした。
○昭島市の農業について
○昭島市の農業の課題
 (伝統野菜の継承、後継者問題等)

○伝統野菜の栽培(拝島ネギなど)
○伝統野菜や、学校で育てているもの(ブルーベリー)を使った、
給食メニューの考案

可能であれば、数回に渡り、学級毎に(3クラス)ご指導頂きたいという。

座学授業については、了解したが、栽培授業については、
現在、杉本副校長の中神小学校と、光華小学校で、拝島ネギの栽培を
行っていて、光華小では江戸東京野菜
栽培も計画している事を伝えた。
佐伯先生も乗り気で、3年生の菜園に案内してくれた。

10月4日に座学、栽培授業は11日の実施が決まった。






2-1.jpg

そんな時に、校舎のすぐ上を米軍機が防音を響かせて
降下していった。
同校は、横田の滑走路へ2キロの地点にあり、全ての教室は二重窓で
防音が施されている。

上の画像をタップする。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年09月28日

昭島市立光華小学校の5年生が金町コカブと品川カブの種蒔きが行われた。


昭島市立光華小学校(眞砂野裕校長)の5年生に江戸東京野菜を
栽培させたいと言うことで、9月8日に、金町コカブと品川カブの授業を
行ったことは、当ブログで紹介した。

その後、昭島市の井上有紀子栄養教諭が地元の生産者を探して、
金町コカブの栽培も行ったことがあると云う、
井上泰男さんに栽培指導をお願いしていた。

天候が心配されたが、22日の午後から井上さんの
指導により播種が行われた。




1-1.JPG

22日の2時頃、1組、そして2組がタネを蒔いた。

上の画像をタップする
これから寒くなることも考えて、地温を上げるため
黒ポリのマルチを敷いていた。

井上さんがタネ蒔きの注意を話して聞かせている。(写真右上)
丸いカブの金町コカブと、大根のような長いカブの
2種類のタネを蒔いた。






2-1.JPG

種を蒔いた後、目の細かい防虫ネットが張ってあって、のぞき込むと、26日には、双葉が出ていた
両サイドが1組、中の2列が2組で、長いトンネルが品川カブで、
短いトンネルが金町コカブと伺った。

上の画像をタップする
品川カブの双葉(写真左下)、金町コカブの双葉(写真右下)

生徒達は芽生えたカブを見て喜んでいたようで、
成長を楽しみにしているという。





追録
0001.jpg

3年生が定植した拝島ネギの現状。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2022年09月27日

都市大学付属小学校の4年生が実施している、ミクニレッスンのテーマは「秋の種まき、調理実習で使う野菜を育てよう!」だった。


都市大学付属小学校の4年生2クラスで実施している、
2022年度第5回ミクニレッスンは、9月22日(木)に、テーマ
「秋の種まき、調理実習でつかう野菜を育てよう!」を
松木直也さん(豆豆社社長)のプロデュースで開催された。

前回の7月に実施した
第4回では、テーマ「野菜はおいしい・東京野菜を知ろう!」として、
開催しているので、今回は、自分たちが調理実習で食べる
野菜サラダの食材を自分たちで作ろうという企画だ。






1-1-2.JPG

今回栽培する野菜は、出来なかった時のことも考えて、毎回生産者の
宮寺さんも畑で栽培していて、間に合わなかった場合は、生徒が
栽培した野菜は、フードロスを防ぐことから、各人が自宅に
持ち帰り、家族の皆さんで食べていただくことになる。

今日栽培するのは宮寺さんが買ってきたタネは、スイスチャード、
ロメインレタス、べか菜、水菜、金町コカブ、二十日大根。
江戸東京野菜の金町コカブに、今年から加わる予定の
べか菜を栽培する。

スイスチャード、ロメインレタス、べか菜、水菜は、2017年にアメリカ
の宇宙飛行士ペギー・ウィットソンがISSで、栽培試験をしている。

種の色と土の色が似てるから、ふざけたりしていると、どこに種を
蒔いたがわからなくなる、しかし、数日して芽が出てくると、
集中して種を蒔いていなかったことが、皆に知られてしまいます。
集中して蒔きましょうと、一言。

上の画像をタップする
松木さんが、野菜や花の種まきをしたことがある人!、
と質問をすると、大勢の手があがった。
各家庭では菜園を借りて栽培しているようだった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2022年09月26日

瀧野川八幡神社の、末社の富士神社、榛名神社、稲荷神社の例祭に、収穫祭が執り行われた。


瀧野川八幡神社の創建820年祭を記念して、末社の富士神社、
榛名神社、稲荷神社の3月の例祭に、滝野川ゴボウの播種祭を
執り行われたことは、当ブログで紹介した。

21日、神前に奉納するために氏子会の皆さんが、栽培していた
滝野川ごぼうの抜き取りを行っで、収穫祭の準備は出来た。






1-1.JPG

14時から末社の富士神社、榛名神社、稲荷神社の収穫祭が執り行われ、

上の画像をタップする
丸山良男責任役員を始め、常任総代、崇敬者の他、花川與惣太北区長、
地元選出の国会議員、都議会議員、区議会議員の方々も参列された。
藤井宮司から、滝野川ごぼうの栽培経過の報告をお願いするので、
最前列に案内された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年09月25日

練馬区立のふるさと文化館で、阿部希望さんが、練馬大根とタネの物語を語る。


著書 “伝統野菜をつくった人々〜「種子屋」の近代史〜”の
阿部希望さんが、24日江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座で、
講演された。
阿部さんは、卒業研究のテーマに「江戸東京野菜」を取り上げ、2012年には農学博士号を取得。2013年から江戸東京野菜コンシェルジュ
育成講座の講師を務めている。

講演の中で、11月に練馬区立石神井公園 ふるさと文化館において、
「先人たちのタネづくりの足跡をたどる〜練馬大根とタネの物語〜」が開催されると案内頂いた。




1-1-.JPG

阿部希望さんの講演
11月5日14:00〜15:30

10月14日までに講演申し込み必修でここから

posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2022年09月24日

COREDO日本橋4階に、オープンした江戸料理の店「奈美路や」に招かれた。


COREDO日本橋4階に、江戸料理の店「奈美路や」が
オープンしたことは、当ブログで紹介していた。

21日瀧野川八幡様で栽培していた滝野川ごぼうを23日の収穫祭に神前に
供えるために抜き取る作業を行ったが、その後17時から同店のお料理の
監修をされている冬木れい先生にお誘いを受けていたので、伺った。

17時のお約束だったので4階に着いたら、ほしひかる先生に後ろから
声を掛けられた。店には、すでに冬木先生は見えていた。

巣鴨「栃の木や」の内藤厚顧問も、すぐに来られた。






1-1.JPG


上の画像をタップすると、帰りに撮った写真。




続きを読む

2022年09月23日

9月23日に開催する瀧野川八幡神社の収穫祭に奉納する滝野川ごぼうを選んだ。


瀧野川八幡神社(藤井宮司)の創建820年祭を記念して
滝野川ごぼうと滝野川にんじん、そして滝野川かぶの
栽培を行うことになったことは報告している。

これまで、滝野川ごぼうと滝野川にんじんの播種は終わり、
あとは滝野川かぶの播種で、9月23日に行われる。

9月23日(祝金)には、午後から滝野川ごぼう収穫祭が執り行われ、
神楽殿では、滝野川ごぼうに因んだ御神楽や、
種物音頭等も披露されるという。




1-1-.JPG

八幡通り商店会には滝野川八幡神社の「祭」の小籏が下がっていた。

上の画像をタップする
23日の収穫祭に先立ち21日に、塩ビ管栽培をしている滝野川ごぼうを
抜き取る作業が、氏子会の皆さんが来て、13時から始まった。

塩ビ管を覆っていた断熱材も取り除いたことで、塩ビ管が並んでいた。
今年の夏は猛暑だったので、断熱材の効果は大きかった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 滝野川のゴボウ、ニンジン

2022年09月22日

拝島ねぎ保存会生産者の畑の巡回視察が行われた。


3月に拝島ねぎ保存会の生産者会議に、はじめて招かれた事は、
報告したが、その席で江戸東京野菜の現状を報告して、
産地視察を行ってはと提案した。

8月に開催された生産者会議では、産地視察の前に、
仲間の畑を見て歩こうとなった。
いずれにしても、この前向きな取り組みが始まった。
生産者会が動き始めた感じがする。




1-1画像1.png

岩田英雄さんは、昭島市の北部、西武立川駅の近くで
拝島第二小学校の3年生の、農業見学の指導など2015年から
されていて、当時から拝島ネギの紹介をしていた。

上の画像をタップする
岩田英雄さんは次期拝島ねぎ保存会の副会長に内定している。



続きを読む